腱鞘炎・ばね指

  • 手を衝くと違和感がある
  • 手首を動かすとズキッと痛む
  • バットやラケットを振ると痛みが走る
  • 子供を抱っこする時に痛みが走る
  • 手首が痛くて力が入りにくい

腱鞘炎とは、手首の親指側になる腱鞘とそこを通過する腱に

炎症が起こった状態のことを言い、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズで

なくなり、手首の親指側が痛み、腫れます。親指を広げたり、

動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

手首が障害を受けるドケルバン病では、手を広げたり親指を動かしたりすると、

腱鞘付近に疼痛(ズキズキとした痛み)が起こります。例えば、物を持つ、

ペットボトルを開ける、などの親指を使ったつまみ動作によって、痛みを感じます。

また、指の付け根で腱鞘炎が生じるバネ指では、症状が進行すると「バネ現象」と

呼ばれるばれる症状が現れるようになります。

バネ現象では、指の動きがスムーズではなく引っかかりを感じるようになり、

さらに症状が進行すると指を十分動かせなくなることもあります。

腱鞘炎の症状は、特に朝方に症状が悪化する傾向があります。

これは、就寝中に体がむくみがちになることが影響します。

こうした生理的な変化によって、腱鞘炎の症状が悪化すると考えられています。

広島市 あさひ整骨院|どんな人がなりやすい?

指先を使う仕事をしている人がなりやすい症状ですが、

30~50代の女性は産前産後、更年期障害やホルモンバランス異常

によっても引き起こされるとされています。

また、高齢になり筋肉が衰えることが発症することもあります。

近年ではパソコン、スマホ、ゲーム機などの長時間使用が原因で

引き起こされることが増えています。

 

広島市 あさひ整骨院|手首が痛い時のセルフチェック方法!

手首の親指側の腱と腱鞘に障害が起こるドケルバン病の診断には、

いわゆる「フィンケルシュタインテスト」を用います。

このテストは親指を他の指で握った状態で手首を小指側に

曲げたときに痛みを確認する検査法です。

指の付け根に生じた障害であるバネ指では、

同部位を押したときの痛みを確認します。

広島市 あさひ整骨院|あさひでの治療方法!

当院では痛みに対して患者様一人ひとりの症状に合った治療法をご案内

させて頂きます。当院で行っている腱鞘炎に対する治療を紹介させて

頂きます。

①超音波治療

温熱、振動により深部の組織に刺激を加え炎症の軽減、血流改善により痛みを

緩和される働きがあります。

②筋膜リリース治療

手首の硬くなってしまった筋肉や皮膚に対し、 施術していくことで筋肉を緩め、

痛みの緩和や可動域を広げる事ができ、腱鞘炎の症状緩和が期待できます。

手首に痛みがあってもX線やMRIなどの結果で、「異状なし」と言われるケースも

ございます。

何かお困りのことがありましたら、いつでもあさひ整骨院へご相談ください。

あさひ整骨院|お問合せはこちら

※小顔矯正は皆実町・御幸橋両院で対応しております!

広島市南区皆実町1-19-5

あさひ整骨院

tel:0822553515

広島市南区皆実町1-19-5

あさひ整骨院 御幸橋院

tel:0825469588

広島市中区千田町3-11-7
TOPへ戻る

COPYRIGHT© あさひ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS