セーバー病

  • 踵の痛み
  • 運動後の踵の痛み
  • 踵周りに熱を持っている
  • 踵に腫れがある
  • つま先立ちをすると楽になる

広島市 あさひ整骨院|セーバー病とは

踵骨に発生する骨端症の一つで、10歳前後の男子に多い症状です。

割合として男子は女子より6倍ほど多く発生します。

子供の骨は大人の骨に比べ柔軟性が高いため繰り返し負荷がかかると

アキレス腱が踵の骨を引っ張る為痛みが発症します。

野球やサッカーなど足に負担がかかるスポーツに多く見られます。

圧痛点が似ている為、アキレス腱炎などの鑑別が必要となります。

 

広島市 あさひ整骨院|セーバー病の治療法とは

足関節の調整をし踵に負担がかからないようにしていきます。

炎症が起きている場合は踵に超音波治療を使い炎症を落ち着かせます。

そして、ふくらはぎからアキレス腱にかけて筋膜リリースを当て

筋肉の緊張と癒着を取り踵にかかる負担を軽減させていきます。

セーバー病でお困りの方がいらっしゃいましたら是非あさひ整骨院へご相談下さい!

 

 

あさひ整骨院|お問合せはこちら

※小顔矯正は皆実町・御幸橋両院で対応しております!

広島市南区皆実町1-19-5

あさひ整骨院

tel:0822553515

広島市南区皆実町1-19-5

あさひ整骨院 御幸橋院

tel:0825469588

広島市中区千田町3-11-7
TOPへ戻る

COPYRIGHT© あさひ整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS